モンベル O.D.ガベッジバッグ

いつもコンビニ袋にゴミを入れて持ち帰っていたけど、カレーや匂いの出るゴミを持ち帰るために購入

バックルが付いているのでサイドケースに入れたくないゴミは、シートのベルトやシッシーバーへ留める事ができそうです。

最大容量は4リットルなので何でも入りそうです。

「FOLD ON LINE」の所まで巻き込みます。

完璧に密閉するので空気漏れません。

もしもの為にトイレキットを中に入れてサドルケースの奥に収納!

子供連れての旅行の時にも役に立ちそうです。

mont-bell パワーヘッドランプ

モンベルのヘッドライトには大まかに4つの種類があります。

■H.C.ヘッドライト
価格 ¥1,143 +税

消費電力が少ない省エネ白色LED電球を採用し、手回しハンドルで充電することができるヘッドライトです。ライトはLOW、HIGH、点滅と3段階の調節が可能。本体はヘッドバンドから取り外すことができ、別売の「H.C. ヘッドライト用サイクルマウント」に取り付けることができます。

■仕様
【素材】ABS樹脂
【重量】100g
【カラー】グラスグリーン(GRGN)/ オレンジブリック(OGBR)
【サイズ】約81×49×38mm
【明るさ】6ルーメン
【照射可能距離】点灯:10m
【約1分充電時】ライト点灯時間:約90分(LOWモード)
【照射モード】LOW、HIGH、点滅

■ミニ ヘッドランプ
価格 ¥1,500 +税

■商品説明
重量わずか34g(電池装着時)の、超軽量コンパクトなヘッドランプです。バックパックのサイドポケットなどに入れてもかさばらないので、常時携行していただけます。歩行を目的とした高輝度白色LED(1灯)と目に優しい電球色LED(1灯)を装備しています。コイン形リチウム電池(CR2032)2枚付属。

■仕様
【重量】27g(32g) ※( )内は電池を含む重量です。
【カラー】セルリアンブルー(CEBL)/ フレッシュグリーン(FRGN)/ パーシモン(PRSI)
【防水等級】IPX6
【付属品】電池:コイン形リチウム電池(CR2032)2個

■コンパクト ヘッドランプ
価格 ¥2,400 +税

■製品説明
汎用性の高い単3形電池1本で使用でき、大変コンパクトながらも明るいヘッドランプです。歩行を目的とした高輝度白色LED(1灯)と目に優しい電球色LED(1灯)を装備しています。単3形アルカリ乾電池1本付属。ニッケル水素充電池、リチウム電池にも対応しています。

■仕様
【重量】54g(77g) ※( )内は電池を含む重量です。
【カラー】ブラック(BK)/ フレッシュグリーン(FRGN)/ フューシャ(FS)/ ホットレッド(HRD)/ インディゴ(IND)
【防水等級】IPX6
【付属品】電池:単3形アルカリ乾電池1本

 

■パワー ヘッドランプ
価格 ¥2,900 +税

■製品説明
単4形電池3本を使用し、明るさ160ルーメン、照射距離110 mを誇る大変明るいヘッドランプです。歩行を目的とした高輝度白色LED(1灯)と、目に優しい電球色LED(2灯)を装備しています。単4形アルカリ乾電池3本付属。ニッケル水素充電池、リチウム電池にも対応しています。

■仕様
【重量】57g(91g) ※( )内は電池を含む重量です。
【カラー】バ-ントオレンジ(BTOG)/ フレッシュグリーン(FRGN)/ インディゴ(IND)/ ホワイト(WT)
【防水等級】IPX6
【付属品】電池:単4形アルカリ乾電池3本

その中から買ったもの!

予備の電池を持ち歩くことを考えたら使用する電池は1個が理想的で「パワーヘッドライト」は単4電池を3本も使うので購入対象外だったけど、万が一真っ暗な所でバイクの調子を見なければいけない時に最低限の明るさだと不安なので「パワーヘッドライト」を選びました。

mont-bellのカタログ商品の中にロードグライドスペシャルのUSBに繋いで電池を充電できる「ガイド 10 PLUS デンチナシ」もあるしエネループを使えば電池の無駄も解決できそうです。

「パワーヘッドライト」商品レビュー

ガンダムのザクみたいなデザインでカッコいい。

本体カラーはオレンジ、グリーン、ブルー、ホワイトとバリエーションがあって、暗いところや草むらで落としても探しやすいようにホワイトを選びました。

ラバー製の広めのスイッチは指でなぞって位置がわかりやすく厚手の手袋でも押しやすいし、誤動作を防止するために2回押して点灯、続けて押すと「電球色」「メインライトLOW」「メインライトHIGH」「点滅」と切り替わり、各点灯中に1回押しで消灯します。

ヘッドバンドは脱着もしやすく頭にはめてもズレにくくいい感じです。

本体は単4電池3本がちょうど入る大きさです。

角度も5段階に変えることができます。

電球色LED 20メルーン 照射距離5m 照射時間120時間

柔らかい電球色なので、料理や食事の時に美味しく見えそうなのと、クローム部品の多いハーレーのちょっとしたメンテナンスぐらいなら反射光が眩しくなく使いやすそうです。

主に足元のみ照らせますから薄暗い月明かりの中で舗装された道路は歩いていけるくらいかな。

電球色LED 25メルーン 照射距離40m 照射時間90時間

LEDは中心に光を集め手元の作業がしやすくなるけど少し白色の光は眩しいね。
暗闇の中足元まで見えます。

電球色LED 160メルーン 照射距離110m 照射時間40時間

暗闇で手元の作業をするには眩しく困るぐらい明るいが、暗闇を歩く時は少し先の状態まで十分に見えますので知らない道でも安心して歩行できそうです。

 

ダウンハガー800 #3

モンベルの標準的なシュラフ「ダウンハガー800 #3」

選んだ条件としては3つ

  • ロードグライドスペシャルのサイドバッグにも余裕で入る
  • 春秋に使う予定だから少し暖かそうな「ダウン」
  • 窮屈だと嫌なので伸びる「スーパースパイラルストレッチ」

非常にコンパクトで店舗に展示されていた寝袋が入っているとは思えないサイズです。

快適な温度が3℃なので冬はキャンプするつもりはないし、真夏は上にかけるぐらいで良さそうですし春秋ならば快適に使用できそうです。

保管用の収納袋もついています。

シュラフを広げると干からびた魚のようにペラペラだぞ!大丈夫か!?

ダウンが潰されているでしょうから、ふわふわになるのを期待して広げていきます。

カタログのモデルみたいにはあぐらがかけませんが「スーパースパイラルストレッチ」のおかげで寝ると程よい密着感があり、座ると何とかあぐらがかけるのが気に入りました。

寝心地は最高です。

シュラフの中生地もサラッとした肌触りで、程よい保温力が暑すぎず快適に寝れそうです。

「U.L.コンフォートシステム エアパッド150」と組み合わせるとさらに寝心地もよくなりさらに最高です。寒いときにはフードの紐を締めると冷気も入ってこなく買った甲斐がありました。

U.L.コンフォートシステム エアパッド150

南阿蘇に用事があったんでmont-bellへ行ってきた!

IMG_1309

今回の目的はマット

以前、店内に展示用の小石が散りばめられた台に敷かれた「U.L.コンフォートシステムパッド150」に寝転んでみたら、薄いマットなのに背中に小石のゴツゴツ感がなく気に入っていたけど、いろんなブログを見たらよりコンパクトに収納でき10回か息を吹き込むと膨らむとか、3分息を吹き込むと膨らむとかで評価の高かった「U.L.コンフォートシステム エアパッド」を買ってみました。

店員さんに聞いてみても、これ使っている人いたし大丈夫でしょう!

500mlのペットボトルぐらの小ささで軽い。

リペアキットも付いているので万が一現地で穴が空いてもすぐ修理ができそうです。

広げると結構大きく息を吹き込むのは大変じゃない?

確かに17回ぐらいで時間的に1分吹き込むと膨らむけど、結構きついな〜

多分1泊とかだとマット膨らますの頑張れるけど、連泊や山登りなど体力使うところでは膨らませるのが辛いので折りたたみマットが軽いし座布団代わりになったりと実用的かもしれません。

しかし収納サイズがコンパクトなのでロードグライドのボックスに入れるには最適な大きさです。

早速、U.L.コンフォートシステムピロー オレンジブリック…(枕の事ね)もつけて寝転がると、浮き袋の上に寝ているようにいい感じです。

U.L.コンフォートシステムピロー オレンジブリック…(枕の事ね)との連結も「ジョイントシステム」でしっかり固定されています。

空気を押し出しながらたたむのでコツは入りますが、収納袋が少し大きめなので若干ラフに丸めても簡単に収納できます。

モンベル(mont-bell) 枕 U.L.コンフォートシステムピロー オレンジブリック

モンベル(mont-bell) 枕 U.L.コンフォートシステムピロー オレンジブリック

空気を入れて膨らますのですごくコンパクトな枕です。

 

手のひらに余裕で収まる大きさに補修部品まで入っています。

膨らませる空気の量を調整することで枕を好みの高さにでき、頭の座りが良いような形状の枕です。

U.L.コンフォートシステム エアパッド150 との連結も「ジョイントシステム」でしっかり固定されています。

Mont-Bellクロノスドーム試し張り

楽天からクロノスドームが届きました。

ん〜新品なのに海釣りする時の撒き餌の匂いがする(;´-`)くさい

mont-bellショップで下見した時に買っとけば良かったかな〜

 

コンパクトなのでサイドケースに入れても他の荷物が十分に入れれそうです。

mont-bellクロノスドーム建てるよ

練習なのでキャンプ場や公園だと人が寄ってきそうなので、知人の広い庭で試し張りです。

クロノスドームとグランドシート

mont-bellマークが上になるようにグランドシートを敷きます。
少し風があるのでペグで固定します。

グランドシートを敷きます

インナーテントをグランドシートの上に重ねて広げます。

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システムをテントとグランドシートにハメ込みます。

クロスジョイントを持ち上げると連結されたフレームが簡単にハマり、テントにフレームを取り付けと少しねじれた形にフレームがしなります、天井を広げる仕組みのようです。

テントのフックをフレームにハメていきます。

フライシートのフックを四方にはめ込んでペグダウンと張り綱して出来上がり

mont-bellのロゴがカッコイイ!

購入前に見た画像だともう少し入り口付近がふっくらと膨らんでいたけどこんなものかな?

入り口も十分に広いし、前室も広々しているのでシューズやテント内に入れれない荷物を置くのに便利ですね。

テント内は座っても頭が当たらないくらい天井が高いし2人用なので広々しています。

天井にはリングが5箇所あり、ここにランタンやオプショナルロフトを取り付けて荷物乗せたり、リングに紐を通せば濡れたものを干すこともできるようです。