カフェBoiBoiツーリング

天気予報では当分雨が降りそうな中、降水確率が20%なので「Panasonic HX-A1H」と「CANON PowerShot SX710HS」のレビューと最近キャンプ系のブログで見つけた「カフェBoiBoi」でランチをする為に久住までツーリングです。

カフェBoiBoiへ到着

「BoiBoi」の由来は牛を誘導する時の掛け声を店の名前にしたそうです。

テラスは涼しい風がが気持ちよく過ごせて、オムライスも美味しくオススメな店です。

見渡す限り街灯もなく深夜には星空が綺麗だそうで、いつかキャンプをしたい場所です。

長者原の足湯で一休み

飯田高原ドライブインで休憩

三愛で休憩

レストラン北山で休憩

 

 

 

CANON PowerShot SX710HS

仕事とプライベートで活躍しているオリンパスPEN E-P1

操作性も良く画質もいいのだが、ビジネスバッグやポケットに入らないしツーリングの時に片手でパッと撮影したいので「CANON PowerShot SX710HS」を購入しました。

いつもお世話になっているカメラ専門の店員にお願いして「コンパクトデジカメの中では画質の良い撮影ができるカメラ」「WiFiや自撮りしたい」「購入予算」などを伝えて機種を選んでもらい外観だけ選びます。

 

早速、撮影したが夕方で暗かったのもあるが期待通りの画質ではなく、安いだけの性能しかないのかな?

早速ツーリングで撮影してみました。

さすがCANON期待を超える性能です。

光学30倍ズームはとんでもなく遠くを撮影でき、ボタン操作も撮影やプレビューに応じたメニューが表示され便利です。

自撮り用の可動式液晶が欲しかったが「CANON PowerShot SX710HS」には付いてなく残念だったが、さすがCANONそんな可動式の液晶は不要です。

iPhoneにアプリを入れて無線操作をすればプレビューやズーム撮影などができるし、撮影した写真をiPhoneやWiFiを通じてコンピュータやGoogleDriveなどに転送できるので便利すぎます。

 

小型ウェアラブルカメラPanasonic HX-A1Hのモニター当たった

 

以前からウェアラブルカメラが欲しくてGoProやSONY FDR-X1000Vを考えていたけど2つとも性能は最高だけど値段も5万円以上で、なかなか手が出ない時に「ウェラブルカメラ Panasonic HX-A1H」のモニターが当たりました。

AMAZONで買うと2万円前半で購入できるので良いのだがパナソニックのホームページで撮影された動画を見る限り、画質も悪く動きも滑らかでないので購入対象外だったが......モニターで借りて撮影したら

すごい!簡単にiPhoneから操作ができて画質も綺麗!

小型軽量だから違和感なく装着できます。

ウェラブルカメラの装着については、以前GoProをヘルメットの上に装着したライダーを見た時はチョンマゲみたいに見えて格好悪かったので、変かな〜と思ったけどPanasonic HX-A1Hは本体がコンパクトでサングラスのフレーム横にカメラが付くのであまり恥ずかしくなく撮影できました。

しかもヘドマウントに装着した後でも、片手で角度をある程度自由に調整できるので撮影ガイドライン(水平器)で水平にしたり、臨場感あるようにバイクのメーター類が見えるような角度にも、信号待ちの時や少し路肩に止めて停車するとすぐにiPhoneの画面を見ながら調整できます。

オプションで梱包されている穴の開いた端子カバーを使えばロードグライドスペシャルの左についているシガーソケットやUSB端子で充電しながら長時間のツーリングが撮影そうです。

本体ではシンプルな操作で細かい設定はアプリでできます。

本体がコンパクトな設計なので操作自体は(電源・WiFi、撮影モード変更・録画開始)と3つのボタンなので手探りでも迷いませんし、若干心許ないがビープ音で操作確認が判ります。

動画モード変更などの細かい操作設定は、スマートフォンのアプリを使いWiFi経由でプレビューを見たり撮影モードを変更したり便利すぎます。

豊富な撮影モード

GoProやSONY FDR-X1000Vの4K撮影から見ると価格差分だけ貧弱に見えるけど、実際撮影すると「1280×720/60p」はとても綺麗に撮影できて、数分間撮影するとGB単位の膨大なデータ容量になり編集をする時に持て余しそうですからこれで十分な気がします。

[通常撮影モード]
1920×1080/30p:平均15Mbps(VBR)
1280×720/60p:平均15Mbps(VBR)
1280×720/30p:平均9Mbps(VBR)
848×480/30p:平均4.5Mbps(VBR)

[スローモーションモード]
1280×720 60fps/30p:平均9Mbps(VBR)
848×480 120fps/30p:平均4.5Mbps(VBR)

[静止画記録モード 1枚記録、間欠写真記録]
(5秒/10秒/30秒/60秒)

手ぶれ機能はないのですが、どのみちロードグライドでの撮影だったらある程度振動してブレると思うので十分満足する動画が撮影できるんじゃないかな?

長距離ツーリングの時は、動画だと編集のときデータ容量が大きすぎて手に負えなくなると思うので、パラパラ写真みたいに撮影できる「間欠写真記録」も嬉しい機能です。

実際の撮影した画質は?

一番興味がある画質は、ロードグライドスペシャルのカウルが綺麗に撮影されていてびっくりしました。走行中の画質は目線の高さで撮影しているので本当にツーリングした時と同じクオリティーで撮影できます。

滑らかに走るバイクだと、画質の荒さがきになるかもしれませんが、走行振動が付きもののハーレーでは十分満足できる画質で、これが2万円(現在のAMAZON価格)ぐらいで手に入るのはお買い得です。

GoProやSONY FDR-X1000Vで4K撮影するのが最高かもしれませんが、同じ値段でPanasonic HX-A1Hを2〜3台買って撮影するのも面白そうです。

aso

空の色も綺麗に撮影できます

 

霧島パワースポット巡り

撮影の仕事で人吉市と多良木へ行ってきました。
実際には数十枚撮影したんですが、使用する写真は2枚!
2枚の写真を撮影するために高速代、ガソリン代を考えると車よりバイクが安くつくので!

仕事ついでにツーリングです。

仕事終わりに湯前町にある長田屋さんに行こうと思っていたけど、道の駅で休憩中にうっかり忘れて都城の知人と蕎麦食べる約束をしてしまい待ち合わせの高原インターへ向かいます。

で!向かった先は
伝統の神楽そば梅恵乃里&カプチーノ
〒889-4414 宮崎県西諸県郡高原町大字蒲牟田6654-1
電話 0984-42-2721

蕎麦屋とカフェ一緒になったシュールな店で外の景色も良いい所です。
GoogleMapのストリートビューに写っている店舗は昔の外観でいまはカフェみたいになっています。

メニューの一番上にありオススメそうな「手羽鷄蕎麦だったかな?」を注文してできたのがこれ!

短く切れた蕎麦!?作り損ねかな?

知人の手前なので動揺を隠して食べると「美味しい!!」

初めて食べたけど10割蕎麦でつなぎを使わない手打ち蕎麦らしく、箸でつまむとほどけるぐらい煮込んだ手羽先ものってて美味しい蕎麦でした。

近くにパワースポットの霧島東神社があるらしく行ってみます。

少し走ると、広大な「御池」が見えてくるのですが天気も良く湖面が場所によってエメラルドブルーとエメラルドグリーンに見える!

綺麗な池です。

「御池」のほとりにキャンプ場もあるらしく、いつかキャンプに来たい場所です。

奥に2頭の龍が祀られているようです

杉林がとっても綺麗に手入れされていて、よい空気とパワーを頂きました。

30分ぐらい走ったところにある霧島神宮にはもっとすごい杉があるってことで走っていきます。

外国の観光客を乗せたバスが駐車場にひしめき合って早速バイクの周りに中国観光客が集まってきます。バイク停めたばかりでマフラーに当たると火傷するから勝手に跨らないでね〜と横目に境内を散策します。

走行距離450kmのパワースポットツーリングでした。

 

阿蘇バイクヘブン2015

天気予報が雨だったような気がする土曜日、見事晴れたので 阿蘇バイクヘブン(ASO BIKE HEAVEN 2015)へ行ってきました…………

家族付きの車で( ˘•ω•˘ )

一度は行ってみたかった、ミリタリー&バイカーアイテムの長田屋さんが出店されていたので行ってきましたが、家族と一緒なので商品だけ物色して店長と話してきました。

来週仕事で湯前町のに行くので店舗に行ってみたいと思います。


mont-bellのムーンライトとタープ発見!カッコイイ

バイクに興味がない家族の手前あまり散策できずに会場を後にして道の駅へGo〜

Mont-Bellクロノスドーム試し張り

楽天からクロノスドームが届きました。

ん〜新品なのに海釣りする時の撒き餌の匂いがする(;´-`)くさい

mont-bellショップで下見した時に買っとけば良かったかな〜

 

コンパクトなのでサイドケースに入れても他の荷物が十分に入れれそうです。

mont-bellクロノスドーム建てるよ

練習なのでキャンプ場や公園だと人が寄ってきそうなので、知人の広い庭で試し張りです。

クロノスドームとグランドシート

mont-bellマークが上になるようにグランドシートを敷きます。
少し風があるのでペグで固定します。

グランドシートを敷きます

インナーテントをグランドシートの上に重ねて広げます。

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システムをテントとグランドシートにハメ込みます。

クロスジョイントを持ち上げると連結されたフレームが簡単にハマり、テントにフレームを取り付けと少しねじれた形にフレームがしなります、天井を広げる仕組みのようです。

テントのフックをフレームにハメていきます。

フライシートのフックを四方にはめ込んでペグダウンと張り綱して出来上がり

mont-bellのロゴがカッコイイ!

購入前に見た画像だともう少し入り口付近がふっくらと膨らんでいたけどこんなものかな?

入り口も十分に広いし、前室も広々しているのでシューズやテント内に入れれない荷物を置くのに便利ですね。

テント内は座っても頭が当たらないくらい天井が高いし2人用なので広々しています。

天井にはリングが5箇所あり、ここにランタンやオプショナルロフトを取り付けて荷物乗せたり、リングに紐を通せば濡れたものを干すこともできるようです。

早朝、阿蘇ツーリング

ツーリングの朝5時半集合なのに6時に起きてしまい近道を駆使して追いかけます!

1回目の休憩ポイントで合流し、久しぶりのツーリング仲間にロードグライドに乗り換えたの自慢して

ミルクロード涼しみツーリング始まり!

ツーリング日和でかなりの数のバイクが阿蘇方面に走っていきます。

大観峰方面から走り三愛レストランで休憩するけど、今日は旧車ミーティングがあるようでパスして長者原で3回目の休憩です。

いつもソロツーリングの時は、大観峰から三愛レストランへ行ったら黒川温泉方面へ曲がって帰っていたけど、真っ直ぐ走ると長者原へ着くとは初めて知った!気持ちのいいツーリングコースです。

今日は長距離走るのでじっくり休憩しながら走っていきます。

町田バーネット牧場で休憩

道の駅小国ゆうステーションでカッコイイBuell発見

このBuellはタンクカバーがスケスケのアクリルにカーボンなどセンス良くカスタムされていて見るからに速そうです。

特に倒立フォークと「これどうやって外すの?」みたいなブレーキキャリパーのおかげでフロントがスッキリとしてかっこいい

星野村の評判のそば茶房 温人に連れて行ってもらったけど昼前なのに完売のようで次回リベンジです。