ピークデザイン フィールドポーチ peek design field POUCH

カメラをもっと気軽に持ち出したい気持ちで「peek design field POUCH 」

袋がデザインされ過ぎて、綺麗に開けるのに手間取りました。

 

ポーチの開け閉め部分がデザイン性が悪いベルクロテープなんで躊躇して購入しましたが、蓋を閉めて入ればベルクロテープがデザインのアクセントになってカッコいい

このポーチの特徴が、ベルクロテープでデザイン性が損ねますが蓋部分を短く締める事で容量を大きくできます。

このレンズが一本入る広さが「peek design field POUCH 」を購入する決め手です。

どうしても大きいバッグを持ちたくないがレンズを一本持って撮影したい!それができるんです。

ポーチ内の仕切りがよく出来ていて、SonyのVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSクラスの小型のレンズなら出し入れしやすく仕切りも伸縮性があり斜めにカットされているのでものすごく使い勝手がいい。

例えば急な雨や、埃っぽところを通るときは蓋は閉まりませんがカメラを入れることもできます。

さすがpeek dsignで統一感あります。

購入したけど意外と使用率の低いカメラストラップを取り付けることで、ショルダーバッグになり、どうしても両手を開けたいときなどはキャプチャーにカメラを取り付けれるので便利です。

ちょっとペットボトルを手放したいときにベルトへ挟めるので便利です。

Endurance カメラバッグ Ext(エクステンド) コンパクト&多機能 リュックタイプ

レンズも増えてきて肩掛けバッグだと重量的に持てなくなってきたのでリュックタイプにしました。

予定ではレンズ3本とiPadPro12インチ、できれば半分以上はカメラ以外の荷物を入れたいって事でEndurance カメラバッグ Extにしてみました。

横と正面からカメラが出しやすい設計です。

バッテリーグリップをつけても余裕の広さがあります。

反対側のサイドポケットは三脚を入れても強度が保てる設計です。

バッグは2層に分かれていて、上段が通常の荷物、下段がカメラ用のスペースとなります。

カメラ本体、単焦点レンズ、望遠レンズと見えにくいけど上にフラッシュを入れれるスペースがあります。

背面部はキャリーバッグに取り付けるのに便利なベルトもついています。

正面にはポケットが2箇所ついていて、バッテリーやレンズキャップを入れるのに便利です。

リュックの入り口はベルクロですが簡単に開き、暗いところでも手探りで開けれる便利さです。ベルクロテープ独特の開閉音もしますが許容範囲です。

リュックの入り口はロール状になっており通常は2回たたみでコンパクトに、例えば旅行先で予定外の荷物を入れるときでも伸ばして入れれます。

この入り口を伸ばせる機能が意外と役に立ちます。

コンパクトなミラーレスSony a9では恩恵を受けれないかもしれないけど、一眼レフはカメラ部のファスナーを開く事で大きなカメラや長いレンズを入れれます。

ファスナーを開けると結構広いスペースができます。