ポーレックス コーヒーミル ミニ

「ポーレックス コーヒーミル ミニ」を数年使い続けて気に入ってたけど、唯一の不満点は、ハンドルが取れやすく収納サイズが若干大きいのでコールマン クッキングツールボックスに、コーヒーセット入れて持ち歩くと窮屈なんです。
収納する入れ物を大きめのトートバックにしようかとも考えたけど、ロードグライドスペシャルで持ち歩くにはコールマン クッキングツールボックスのサイズが使いやすいし生地もしっかりしていて今のところベストな入れ物だったんです。

ユニフレームのコーヒーミルも販売されて何度も店で使い勝手を確認したけど、ソロツーリングで使うには大きいし蓋がないのでコーヒーの香りがサイドバッグ内に充満しそうで選べないな〜と思っていた時に、モンベル店で見たことがない「ポーレック コーヒーミル ミニ」を発見!

他の店では「ポーレックス コーヒーミル ミニ」は何度も見てきたのですが、ハンドル部分が改良されていて取れにくくなっているんです。

AMAZONやポーレックスのサイトを見ても情報が載っていないのが不思議ですが購入しました。

何でポーレックスのサイトにハンドル取り付け部の変わった情報ないんでしょうね

このハンドル取り付け部が、平らに少し捻ってあるのでコーヒー豆を挽くときに外れにくいように改良されています。

長さが3分の1ほど短くなっただけですが、収納しやすくなりました。

コーヒー豆の挽ける量は30グラムから20グラムに少なくなりましたけど、ソロツーリングだと一人分だし、数人向けに30グラムコーヒー豆挽くことは稀だから十分な容量です。

シリコンゴムのハンドル固定のおかげで楽々とコーヒー豆を挽けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です