MSRウィスパーライトインターナショナルのポンプ掃除

燃料を調整するコントロールバルブの動きとポンプ本体にホースを接続するときに入りにくくなってきたのでOリングにオイルを塗ります。

MSRインターナショナルを購入した時のメンテナンスツールです。

上の白い針金はコック部のOリングを外すときに使う為、少し先端を90度に曲げています。ポンプカップがポンプ本体の中で外れた時も使えるので必ず持ち歩いた方がいい必須アイテムです。

まずはポンプを外します。

ポンプのプランジャー(シャフト)に矢印と順番が分かり易く示してあるので安心です。
1)矢印のところに位置合わせ
2)矢印の方向へシャフトをひねる
3)シャフトを引き出す

初めて外す場合は2番の捻るところで壊さないか心配ですが1番で位置を合わせていればすぐに外れます。

付属のジェット&ケーブルツールを使い分解していきます。

燃料パイプOリングは少し入ったところにありますので先を曲げた針金で外し、コントロールバルブのつまみはペンチで外すと簡単です。

2個のOリングとポンプカップにオイルをなじませて組み立てて終わりです。

Oリングが乾燥したりヒビが入ると操作がしにくいだけでなく燃料が漏れたりしますし、ポンプカップもオイルが切れて動きが悪くなるとポンプ本体の中で外れる事があったので定期的にメンテナンスする必要があります。

「MSRウィスパーライトインターナショナルのポンプ掃除」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、初めてコメントいたします。
    MSRウィスパーライトで、海外旅行しているものです。
    最近、ポンピングできなくなって分解しました。
    油をたっぷり射したつもりですが、ポンピングするとすぐに丸い黒いゴムが外れます。
    また丸い黒いゴムの先から、丸っぽいフェルト地のようなものが出て来ました。
    ひび割れてぼろぼろに崩れてしまい、捨てざるをえませんでした。

    丸い黒いゴムを外れないようにする秘訣をご存知ですか?
    丸っぽいフェルト地のようなものは、何でしょうか?
    ネットで調べているのですが、見つけることが出来ず、この記事にたどり着きました。

    すみません、いきなり質問を連発して。
    もしお時間あれば、教えていただけると幸いです。

    1. ヨシさんこんにちは
      黒い丸いゴムとはポンプカップのことかな?
      ポンプカップはオイルが切れると筒の中で取れるから焦りますよね
      初めて分解した時はオイルの塗りかたが悪かったのかポンピングするとポンプカップが外れることがありましたけど、オイルをポンプカップの外側と内側に伸ばすように塗るとスムーズにポンピングできてポンプカップも外れなくなりました。

      丸っぽいフェルト地みたいなのは何でしょう?
      試しに分解してみましたけどフェルト地みたいなのは出てきませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です