ロードグライドスペシャルとOPTIMUS SVEA 123R

100年以上変わらない姿のOPTIMUS SVEA 123R
アウトドア道具を集め始めたときには何かプレヒートとか面倒くさそうなイメージで敬遠してたけど、ウィスパーライトインターナショナルを使い続けて、ガソリンストーブ独特の煤汚れやプレヒートが気にならなくなってきたので、コンパクトな一体型のガソリンストーブに挑戦してみた。

プレヒートはホワイトガソリンでもいいけど真鍮ボディを煤で汚したくないのでアルコール燃料でプレヒート‼︎

程よく燃料タンクが加圧されたところで着火

OPTIMUS SVEA 123R独特の燃焼音を立てながら炎が上がります。

それにしてもよく考え尽くされた形状、付属のコッヘルで一人分の調理はできるし、大小のコッヘルを使う場合でも五徳が内側と外側など自由に動きコッヘルが安定します、火力調整スピンドルはチェーンで繋がれているので落とすこともないし、火力も最小から最大まで自由に調整できる優れものです。

FLTRXSには真鍮製のOPTIMUS SVEA 123Rが似合いすぎる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です